Back
to Top
□まちにつながる緩やかにカーブする壁

1980年代ころから開発が始まったニュータウンの中心地区の駅前に位置する美容室である。

店舗は駅前の通りのT字路の突き当たりにあり、駅のロータリーに面した立地である。
駅前の広場の延長のようなこの場所が、住宅街に暮らす人にとってヘアサロンという用途を超えて何気なく訪れることができる本当の意味での街のサロンの場所に育つことが、この街で永く愛されるヘアサロンになることにつながるのではないかと考えた。

店構えはラフなガラス張りのスチールドアとし、大きく外部に開き、帰宅時の車通りや歩いている人から、ふと見たときに店の中の様子が感じられるようなつくりとしている。
内部は緩やかにカーブした壁を二枚立て、壁に挟まれた客席を道路や外部の延長であるような空間に見立てガラス張りのファサードを通し街とつながり、店内に自然と入っていけるような、親しみを感じられる場所にしたいと考えた。

レセプションやカラーラボは湾曲した壁の窓越しに垣間見え、間仕切りやセット面は、プランターや掲示板の様に街中にあるもののような形をしており、外部を感じるこの場所に馴染むデザインとした。
用途:美容室
所在地:茨城県守谷市
構造:鉄骨造
専有面積:44.71㎡
竣工:2016年
撮影:長谷川健太

usage:hair salon
address:Moriya City, Ibaraki Prefecture
structure:steel
floor area : 44.71m²
completion:10/2016
photo:Kenta Hasegawa