Back
to Top
Back to Top
築20年になる木造住宅のリノベーションです。
改修前の平面計画は居間、台所、玄関、廊下などは視覚的にも動線的にも分断されており、使いづらく無駄の多い構成になっていました。
この計画では、2枚の壁の交差部に開口部をまとめ、その開口部の大きさをそれぞれの部屋の用途の関係性により変化させています。
2枚の壁がひとつの空間を4つに分け、そしてそれぞれの開口部が4つの空間をひとつにつないでいます。
ここでは、部屋の配置も機能も変わっていません。変わったのは、2枚の壁によって変化した互いの部屋の関係性です。重なり合う開口部から同時に違う部屋が見えることで、あたらしい繋がり方が生まれています。
主要用途:住宅
所在地:埼玉県上尾市
主要構造:木造
竣工:2008年(建物竣工年:1986年)
撮影:Tsudou Design Studio

Usage: house
Location: Saitama Prefecture
Completion:2008
Stracture:wood
Photo:Tsudou Design Studio