Back
to Top
ゆるやかにつながる立体的なワンルームを持つ二軒長屋

周辺の戸建住宅のスケールの建ち方を参照しつつ、周囲に閉鎖的にならないよう塀を設けず外壁を拡張したようなダブルスキンの外皮を設置した。
各部屋は壁ではなく床で仕切られており、部屋同士のつながりを確保するため、床は米松の梁材を敷き詰めた薄いスラブ状の構成とし、薄い床と大きな吹き抜けで、住戸全体が大きなワンルームのように緩やかにつながる構成とした。
また住戸内には出来る限り壁を設けず南北の部屋で床の高さをずらすことで、住戸の奥に光や風を届けている。
用途:長屋
所在地:東京都世田谷区 
竣工:2018年 
主要構造:木造一部RC造
構造設計:金田泰裕|yasuhirokaneda STRUCTURE
撮影:長谷川健太

principal use:terraced houses
Location:Setagaya-ku,Tokyo
Completion:2018
Stracture:RC,Wooden
structure design:yasuhirokaneda STRUCTURE
Photo:Kenta Hasegawa